相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

相続登記(そうぞくとうき)

文字サイズ:

相続登記(そうぞくとうき)とは―

相続登記とは、不動産の所有者が亡くなったとき、つまり相続発生時に被相続人(亡くなった方)の登記名義を相続人に変更することをいいます。相続登記をすることで、被相続人の名義だった不動産は相続人の名義になります。

 

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ