相続・遺言のすべてを分かりやすく。
コラム

「特別受益」があるときの相続の注意点(1)

2017.10.6
文字サイズ:

近年、相続時におけるトラブルが増加傾向にあります。

相続とは死亡した被相続人の財産(遺産)を相続人が引継ぐことで、一般的には法定相続人である家族が相続します。被相続人遺言があるケースでは、遺言書の内容に沿って相続は実行されますが、それがない場合には話合いや法律によって、公平に分配されることが理想です。

しかし、中には生前に被相続人からの特別な利益(特別受益)を得ている相続人も含まれ、他の相続人との公平性が保たれなくなる事態が起きてしまいます。

相続トラブルの中でも相談が増加している「相続時の特別受益」とは、どのようなものなのでしょうか。

特別受益は相続時における不公平な状態のこと

人が死亡するとその遺産は、主に家族などの「相続人」が引継ぎます。死亡した被相続人の特別な意思が遺言書などで示されていない場合には、法定相続人が「話合いで分配」するか、「民法による法定相続割合で分配」するかを決めなくてはいけません。

しかし、分配時に問題になる内容として、被相続人が生前に一定の相続人へ行った「特別な援助」があります。

被相続人が死亡する2年前に子供の一人に住宅資金として500万円を援助していた場合、その子は予め500万円の遺産を受け取っていたと見なされます。

この援助のことを「特別受益」と呼び、これを死亡時の遺産(相続財産)に加え「みなし相続財産」を算出します。そして確定したみなし相続財産を相続人が公平に分配することが「特別受益の持戻し」であり、不公平な相続を回避する制度です。

特別受益の具体例を紹介

Aさんは妻B子と子供(C子、D男)の4人家族です。C子もD男も結婚して各々家庭を持っています。Aさんは長男のD男が3年前に住宅を取得する際に、援助として300万円を贈与していました。

Aさんが亡くなった時、Aさん名義の財産は合計で2,000万円あり、特に遺言書も見つからなかったことから、話合いにより法定相続に従って分配することにしました。しかし姉のC子は納得できません。「D男はお父さんから300万円貰っている…これでは不公平になる」と主張するC子は、専門家の意見を聞いたところD男は特別受益者に当たると教えてもらったのです。


D男の300万円を考慮しないで相続を行う場合では、法定相続として以下のような分配になります。

相続財産2,000万円

  • 妻B子:遺産の1/2 法定相続額1,000万円
  • 長女C子:遺産の1/2×1/2(1/4) 法定相続額500万円
  • 長男D男:遺産の1/2×1/2(1/4) 法定相続額500万円

しかし、長男は予め300万円の贈与を受けており、それが特別受益に当たることから、2,000万円の遺産に300万円を加えた額みなし相続財産にします。

相続財産2000万円+300万円 → みなし相続財産2,300万円

  • 妻B子:みなし相続財産の1/2 法定相続額1,150万円
  • 長女C子:みなし相続財産の1/2×1/2(1/4) 法定相続額575万円
  • 長男D男:みなし相続財産の1/2×1/2(1/4)-300万円 法定相続額275万円

この計算の通りまず遺産である2,000万円に長男が受けた300万円の特別受益分を加えて、みなし相続財産を算出します。そしてその額により各々の相続額を算出し、長男については300万円を既に受け取ったとして、差し引くことで残りの金額を算出します。


特別受益に対する理解は深まったでしょうか?次回の記事特別受益に該当するものは何かを改めて整理してみます。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ