相続・遺言のすべてを分かりやすく。
コラム

【保存版】相続・贈与の手続きに役立つ各種書類のまとめ

2017.7.24
文字サイズ:

相続や贈与の対策を進めるにあたり、多くの方が戸惑ってしまうのが、手続きに必要な書類に何を書けばいいのか具体的なイメージがわかない、という点だと思います。相続のバイブルに寄せられるお問い合わせにも各種書類に関するものが多く、また、実際に相続のバイブル内の記事を参照していただいてる方も多いようです。

今回の記事では、相続のバイブル内で紹介している各種書類の解説記事をまとめてご紹介します。ぜひご覧になってください。

贈与契約書

ご自身が行った贈与を、相互の合意のもとに結ばれた契約である、ということを証明するのに有効な贈与契約書について以下の記事で解説しています。
実際のサンプルを見ながら、証明力のある贈与契約書のポイントを確認してみてください。

【保存版】贈与契約書の書き方のポイント

相続関係説明図

遺言書の有無にかかわらず、相続が発生するとまず、相続人を確定させなければなりません。
相続関係説明図には「相続人が誰なのか」ということを把握するための情報が、わかりやすくまとめられています。

相続手続きは「相続関係説明図」から始まる

相続財産目録

相続対策を行う際に、相続人と同じくまず調べなければならないのが「相続財産に何があるのか」ということです。
相続財産目録はどのような財産があるのか、ということを把握するために作成します。
こちらの記事では、相続財産目録作成のメリット、具体的な作成例と作成時のポイントについて説明しています。

相続財産目録の作り方と具体例(1)

その他

以下の記事では相続税申告時に必要となる書類一式を紹介しています。
一般の場合と各特例を受ける場合に分けて解説しています。こちらもぜひ合わせてご覧ください。

【保存版】相続税申告に必要な書類のまとめ(1)~一般の場合、配偶者税額軽減特例を受ける場合

【保存版】相続税申告に必要な書類のまとめ(2)~小規模宅地等の特例を受ける場合

【保存版】相続税申告に必要な書類のまとめ(3)~特定計画山林、特定事業用資産、農地等、非上場株式の特例を受ける場合

【保存版】相続税申告に必要な書類のまとめ(4)~山林、医療法人の持分についての特例を受ける場合


ここまで見てきたとおり、相続や贈与の手続きには様々な書類が必要となり、漏れなく確実に準備を進めるのは大変です。
相続の専門家に相談しながら、進めていくことを検討してみるのもよいでしょう。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ