相続・遺言のすべてを分かりやすく。
コラム

相続のバイブル~2017年の人気記事(贈与編)

2017.12.26
文字サイズ:

相続のバイブルで多く閲覧されている記事のカテゴリーのひとつが、贈与や生前対策に関するものです。

年末年始は家族が集まる機会が増え、贈与や生前対策について話し合う良いタイミングとなります。こちらの記事では贈与や生前対策に関する記事で、閲覧数が多いものをまとめました。基本事項の整理や、ご家族で話し合う際の確認にもぜひご利用ください。

第1位:【保存版】贈与契約書の書き方のポイント

【保存版】贈与契約書の書き方のポイント

全体のランキングでも5番目に閲覧数が多かったこちらの記事。贈与を確実に行うための有効な証明手段となる、贈与契約書の書き方について解説をしています。

第2位:ひと目でわかる!贈与税額早見表【保存版】

ひと目でわかる!贈与税額早見表【保存版】

贈与を検討する際、やはり気になるのは実際に支払うことになる贈与税の税額だと思います。

詳細な贈与税額は個別に計算する必要がありますが、贈与を検討されている方はこちらの早見表を使って贈与税額の概算を確認してみてはいかがでしょうか。

第3位:贈与税の時効について

贈与税の時効について

贈与税には「時効」が存在することをご存知でしょうか?

贈与の時効とは、定められた期間を超えると贈与税が課税されなくなる制度で期間は、その贈与を「知っていた場合」と「知らなかった場合」によって、時効となる年数が異なります。

第4位:相続開始前3年以内の贈与の注意点!

相続開始前3年以内の贈与の注意点!

相続税を計算する際には、被相続人からその相続開始前3年以内(死亡の日からさかのぼって3年前の日から死亡の日までの間)に贈与を受けた財産があるときには、その人の相続税の課税価額に贈与を受けた財産の贈与の時の価額を加算する、というルールがあります。

贈与税額の計算にも関わってくるポイントです。一定期間で計画的な贈与を行い方は、ぜひ一度確認しておくことをおすすめします。

第5位:名義預金とみなされるのはどのようなとき?(1)

名義預金とみなされるのはどのようなとき?(1)

実務の中でも名義預金に関する相談は非常に多いのですが、計画的に相続対策を進めるにあたっては名義預金について理解を深めておくことが重要です。

理解が不十分なまま対策を進めると、相続税の税務調査の際に名義預金と判定され、想定よりも相続税の税額が大きくなってしまう、ということが発生してしまう可能性があります。

計画的な相続の生前対策を進めたいかたは必見の記事です。


贈与や相続の生前対策は、長い目で計画的に実行していくことが求められます。実施にあたっては、まず相続人と財産の洗い出しを行い、シミュレーションを行ってみることをおすすめします。


さて、相続のバイブルの2017年の記事更新は今回が最後です。

この1年も相続のバイブルを訪問していただきありがとうございました。2018年は1月9日から更新を開始する予定です。

来年も引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ