相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

特別受益(とくべつじゅえき)

文字サイズ:

特別受益(とくべつじゅえき)とは―

被相続人の生前に、特別に財産をもらうことを特別受益といいます。
相続時に遺言で財産を与えられる遺贈も特別受益になります。

特別受益とされるものは、以下のとおりです。

  1. 婚姻または養子縁組のために受けた贈与
  2. 生活資金として受けた贈与
    ※住宅の購入資金の援助や特別な学費など、ほかの相続人とは別に、特別にもらった資金がこれにあたります。
  3. 特定の相続人が受けた遺贈
    遺言によって遺贈された場合、その遺贈を受けた受遺者の相続分から遺贈分が差し引かれます。遺贈されたものは、相続分の中に含まれるためです。

また、特別受益が相続分より多い場合は、遺産分割にあたっての取り分がなくなるだけで、相続分より多い分にはとくに問題になりません。
被相続人の自由意思で与えた特別受益は、遺留分に反しない限りは尊重されます。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ