相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

小規模宅地等の特例(しょうきぼたくちとうのとくれい)

文字サイズ:

小規模宅地等の特例(しょうきぼたくちとうのとくれい)とは―

小規模宅地等の特例とは、相続税の計算上、被相続人等の自宅や事業用の敷地の評価について、最大80%の減額が認められているものです。
非常に大きなメリットが取れる反面、きちんと理解していないと、実際に相続が発生した時にどんでん返しを食らう羽目になります。

※適用できるかどうかの判断は専門知識を必要とするので、専門家への相談をお勧めします。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ