相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

相続放棄(そうぞくほうき)

文字サイズ:

相続放棄(そうぞくほうき)とは―

相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がないことを相続放棄いいます。

被相続人の相続が開始されたことを知ってから、3ケ月以内に家庭裁判所に申立することによって、被相続人の財産だけでなく債務もすべて拒否することができます。
家庭裁判所に相続放棄の申述書を提出し受け付けられてから、正式に「受理」されるまでは、おおむね2、3週間かかります。
実際に家庭裁判所に相続放棄の申述書が「受理」されると、被相続人(故人)の借金とは、相続人としては、法的に無関係になります。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ