相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

成年後見制度(せいねんこうけんせいど)

文字サイズ:

成年後見制度(せいねんこうけんせいど)とは―

認知症・知的障害・精神障害等の理由で判断能力が不十分な方を保護・支援する制度です。

成年後見制度には、法定後見制度(ほうていこうけんせいど)と任意後見制度(にんいこうけんせいど)の2つの種類があります。

法定後見制度は、「後見、保佐、補助」の3つの制度に分けられていて、本人の事情・判断能力に応じて3つの中からどれかを選ぶことになります。後見が最も重く(判断能力の重度な欠如)、保佐、補助の順に軽くなっていきます。

任意後見制度は、本人自ら選んだ代理人(任意後見人)に、代理権を与える契約を結ぶ制度です。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ