相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)

文字サイズ:

みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)とは―

被相続人の死亡によって相続人が相続することになる財産のことです。
実質的に相続や遺贈により取得したものと同じ経済効果があると認められるものは、みなし相続財産として相続税の課税対象になります。
ただし、原則、遺産分割協議の対象外です。

例としては、死亡保険金や死亡退職金等が挙げられます。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ