相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

検認(けんにん)

文字サイズ:

検認(けんにん)とは―

相続人等に対し遺言の存在を通知するとともに、遺言書の形式や様態の方式に関する事項を調査し、現状を確保するための証拠保全の手続きです。

後日、遺言書が偽造・返送・隠匿・滅失等されることを防止し、確実に保存するためには検認がなされないといけません。

検認の手続きは、公正証書遺言以外の方法で作成された遺言書に対して行われます。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ