相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

家族信託(かぞくしんたく)

文字サイズ:

家族信託(かぞくしんたく)とは―

家族信託とは、被後見人が判断能力のある段階で、財産権に関する意思決定権を他の人に移し、第三者に渡して貰ったり、自身に還して貰ったりする制度のことです。

主に委託者、受託者、受益者に分かれます、基本形の登場人物は3人。ケースにより2人、という場合もあります。

  • 委託者…現時点で財産を所有している人。家族信託は、委託者の意思決定を助けることを目的としています。
  • 受託者…委託者の財産を管理する立場。
  • 受益者…委託者の財産を管理したことにより、生じた利益を受け取る人。

通常の財産管理と異なるのは、家族信託は委託者の持つ財産の委託権を受益者に移す、という「法律による保護」という点です。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ