相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

自筆証書遺言(じひつしょうしょゆいごん)

文字サイズ:

自筆証書遺言(じひつしょうしょゆいごん)とは―

遺言者が紙に自ら全文を書き、日付、氏名を書いて、署名の下に押印することで作成する遺言です(パソコンによるものは無効です)。
自筆証書遺言は家庭裁判所での検認が必要となります。

自筆証書遺言には、以下のような長所・短所があります。

【長所】

  • 遺言書の存在、内容を誰にも知られずに作成できる
  • 費用がほとんどかからない

【短所】

  • 家庭裁判所での検認が必要
  • 紛失や相続人に見つけてもらえない恐れがある
  • 形式不備によりトラブルに発展する恐れがある
  • 偽造される恐れがある

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ