相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

法定相続人(ほうていそうぞくにん)

文字サイズ:

法定相続人(ほうていそうぞくにん)とは―

法定相続人とは、民法で定められた相続人のことです。
法定相続人は以下の順番で決定していきます。

法定相続人と法定相続分

法定相続人と法定相続分

(1)亡くなられた被相続人の配偶者は、常に相続人となります。
※配偶者が被相続人よりも先に亡くなっている場合には、配偶者以外の相続人がすべての財産を相続します。

(2)配偶者以外の相続人は以下の順番で決まります。

・第一順位:被相続人の子ども
子どもが被相続人より先に亡くなっている場合等は、直系卑属(孫・ひ孫等)が相続人となります(これを代襲相続(だいしゅうそうぞく)といいます)。

・第二順位:被相続人の直系尊属(父母・祖父母等)
第一順位の人がいない場合は、第二順位の父母・祖父母等が相続人となります。父母も祖父母もいる場合は、被相続人により近い世代の父母が優先されます。

・第三順位:被相続人の兄弟姉妹
第一順位の人も第二順位の人もいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。ただし、兄弟姉妹が被相続人より先に亡くなっている場合は、その者の子(甥・姪)が相続人となります(代襲相続)。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ