相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

限定承認(げんていしょうにん)

文字サイズ:

限定承認(げんていしょうにん)とは―

被相続人の債務がどの程度あるか不明であり、財産が残る可能性もある場合等に、相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐことを限定承認といいます。

限定承認は、プラスの財産の範囲内で債務を引き継ぐ方法です。
マイナスの財産(借金)の金額がプラスの財産より明らかに多い場合や、わかっていない借金が残っている可能性がある場合などに有効ですが、相続放棄と違って、限定承認の場合は、相続人の全員が共同で申請しなくてはいけません。

限定承認も、相続放棄と同様3ケ月以内に家庭裁判所に申立することによって、適用が可能になります。
限定承認は、相続人が、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐという方法ですから、かなり便利な制度といえます。

ただし、メリットばかりではありません。限定承認を選択する際には、税金についても考慮しなければなりません。
限定承認では、相続時に時価で被相続人から相続人に対して譲渡があったものとみなすため、相続人に税金が生じます。

限定承認では、たとえ現実に売却していなくとも、売却した場合と同じく譲渡所得税を納める必要があるため、くれぐれもご注意下さい。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ