相続・遺言のすべてを分かりやすく。
相続・遺言キーワード全集

弔慰金(ちょういきん)

文字サイズ:

弔慰金(ちょういきん)とは―

亡くなった方を弔い、遺族を慰める気持ちを表すために個人、法人、政府等が支給する金銭のことです。

弔慰金は、支払った会社にとっては損金、受け取った遺族にとっては非課税財産の扱いになります。
遺族に支払う際に、死亡保険金の名目だけで支給するのと一部を弔慰金で支給するのとでは、総額が同じでも相続財産に加算される額は異なります。

非課税になる弔慰金の額

(1)業務上の死亡の場合
報酬月額 × 36か月

(2)業務外の死亡の場合
報酬月額 × 6か月

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ