相続・遺言のすべてを分かりやすく。
わたす

要点をチェック!遺産相続の基本~「相続分」について

文字サイズ:

ここでは遺産相続を理解するための大前提、相続分について説明します。

相続人が2人以上いる場合、どのように遺産を分けるかを決めなければなりません。
遺産をわけることを「遺産の分割」といい、その割合のことを「相続分」といいます。

相続分

民法には、法定相続分が定められており、相続人の受ける相続財産の割合を相続分といいます。
相続分について遺言で定められている場合、「指定相続分」と言います。
遺言がない場合には、法律で定められた割合の規定(法定相続分)に従います。
また、指定相続分は、法定相続分に優先します。
また相続分のその他の種類については下の表をご覧ください。

代襲相続分 法定相続人が相続する資格がなくなった場合、子や孫が代襲相続する
特別受益者の相続分 被相続人の生前に、非相続人から財産分与または遺贈を受けた人が受ける相続分
寄与分 被相続人の財産形成に特別な寄与をした人が受ける相続分

法定相続分

遺言がなければ法律で定められた割合の規定に従います。
この割合のことを、法定相続分と言います。
実際に誰が相続人になるかによって、法定相続分は変化します。

法定相続分のまとめは下表をご確認ください。
法定相続人と法定相続分

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ