相続・遺言のすべてを分かりやすく。
わたす

兄弟間でよく議論になる!? 特別受益とは?

文字サイズ:

住宅の購入資金の援助等は、特別受益(とくべつじゅえき)にあたります。
特別受益は、相続財産を前倒しで受け取ったものと考えられ、相続分から差し引いて計算することになります。

特別受益が原因で、兄弟間で議論になることも多いようです。ここでは具体例を交えながら「特別受益」について解説していきます。

特別受益とはどんなものなのでしょうか?

被相続人の生前に、特別に財産をもらうことを特別受益といいます。相続時に遺言で財産を与えられる遺贈も特別受益になります。

特別受益とされるもの

  1. 婚姻または養子縁組のために受けた贈与
  2. 生活資金として受けた贈与(※1)
  3. 特定の相続人が受けた遺贈(※2)

※1:住宅の購入資金の援助や特別な学費など、ほかの相続人とは別に、特別にもらった資金がこれにあたります。

※2:遺言によって遺贈された場合、その遺贈を受けた受遺者の相続分から遺贈分が差し引かれます。遺贈されたものは、相続分の中に含まれるためです。

遺留分に反しない限りは尊重

相続財産に特別受益を加えたものが、全相続財産となります。
この全相続財産は「みなし相続財産」と呼ばれ、このみなし相続財産をもとに算定された相続分から、贈与や遺贈の分は、前渡し分として差し引かれます。

ただ遺言書などで被相続者が、特別受益として差し引かないと決めていた場合は、遺留分の規定に反しない限りは、遺言に従うことになります。
特別受益分が遺留分を侵害した場合は、侵害された人は、特別受益者に対して遺留分減殺請求ができます。

特別受益

贈与額や遺贈額が相続分を超える場合は?

特別受益が相続分より多い場合は、遺産分割にあたっての取り分がなくなるだけで、相続分より多い分にはとくに問題になりません。
被相続人の自由意思で与えた特別受益は、遺留分に反しない限りは尊重されます。

特別受益について例で見てみましょう

父(被相続人)が亡くなりました。相続人として、私(長男)と弟がいます。相続財産が600万円ですが、弟は生前、父から住宅購入資金の援助として、
200万の贈与を受けていました(特別受益)。
私と弟の具体的相続分はいくらとなるでしょうか?

特別受益具体例

弟(次男)の具体的相続分:(200万円+600万円)×1/2-200万=200万円
私(長男)の具体的相続分:(200万円+600万円)×1/2=400万円

結論としては、長男も次男も相続財産は同じになります。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ