相続・遺言のすべてを分かりやすく。
わたす

相続手続きシミュレーション~相続発生後に行うこと

文字サイズ:

葬儀のあと、遺族の方は悲しむ間もなく色々な手続きをしていかなければいけません。
緊急性の高いものから順番に、片付けていき、自力では難しいものについては、専門家に依頼するのもよいでしょう。

期限別に対応が必要な内容を以下の表にまとめました。参考にしてください。

期限 内容 書類等 提出先
7日以内 死亡届の提出 死亡届 市区町村役場
3ヶ月以内 相続人の確定 戸籍(除籍)謄本
遺言書の有無の確認 遺言書検認 市区町村役場
遺産の把握 相続財産目録 家庭裁判所
限定承認相続放棄 相続放棄申述書
4ヶ月以内 被相続人の所得税申告 準確定申告 税務署
6ヶ月以内 根抵当権の登記 指定根抵当権者の合意の登記 法務局など
10ヶ月以内 遺産分割協議書の作成 遺産分割協議書
財産の名義変更 相続登記など 銀行など
相続登記など 相続税申告書 税務署
12ヶ月以内 遺留分の侵害があるとき 遺留分減殺請求

7日以内に手続きが必要な項目

書類の束

死亡届の提出

死亡届を故人の本籍地か死亡地、または届出人の住所地の市区町村役場に提出します。

3ヶ月以内に手続きが必要な項目

相続人の確定

被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍(除籍)謄本を取り寄せます。

遺言書の有無の確認

自筆証書遺言秘密証書遺言がある場合には、遺言者の最後の住所地の家庭裁判所に検認を申し立てます。

遺産の把握

「相続財産目録等を参考にして、被相続人の全財産を把握します。

限定承認相続放棄

被相続人の住所地の家庭裁判所に申述します。
法律により相続開始から3か月以内に手続きをすることが決められています。

4ヶ月以内に手続きが必要な項目

被相続人の所得税申告

相続があった年に、被相続人に所得があった場合には、税務署に準確定申告書を提出する。

※準確定申告の流れはコチラの記事で紹介しています→亡くなった方の確定申告「準確定申告」のポイント

6ヶ月以内に手続きが必要な項目

根抵当権の登記

不動産に根抵当権が設定されている場合には、根抵当権の指定債務者の合意登記を行います。
ただし、不動産の相続登記を行うことが前提です。

10ヶ月以内に手続きが必要な項目

遺産分割協議書の作成

どの相続人がどの財産をどれだけ手に入れるのか遺産分割協議書により確定させます。
相続人全員が協議書に実印で押印し、全員の印鑑証明を添付したものを法務局に申請することにより、相続登記(名義変更)が可能となります。

※遺産分割協議の流れはコチラの記事で紹介しています→トラブルを避けるためにも知っておきたい「遺産分割協議の基礎」

不動産の相続登記

遺産分割協議書が確定したら、不動産の所有名義を相続人へ移し変えます。

預貯金・株式の名義変更

不動産の当期を同じく、遺産分割協議書が確定したら、相続人の名義に変更します。

相続税の申告・納付

相続開始を知った日から、10ヶ月以内に申告及び納付を行う必要があります。
相続税の納税は現金による一括納付なので、注意が必要です。

12ヶ月以内に手続きが必要な項目

遺留分の侵害

遺留分減殺請求は、相続開始および減殺すべき贈与、または遺贈があったことを知ったときから1年以内に、遺留分を侵害している相手方に請求しなければ、その権利はなくなります。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ