相続・遺言のすべてを分かりやすく。
そなえる

生命保険は節税対策に有効?

文字サイズ:

メリットも多い生命保険ですが、死亡保険金を受け取った際に支払う税金は、実は3種類に分類されます。

これは、保険料を支払う人と受け取る人の組み合わせによって、課税される税金が異なるためで、状況に応じて相続税、所得税、贈与税の3つのいずれかに分類されます。

詳しく見ていきましょう。

死亡保険金の受取人にかかる税金

保険料の負担者 被相続人 A A
被保険者(保険の対象者) 被相続人 被相続人 被相続人
保険金の受取人 A A B

①    は、保険料を負担した人自らが、被保険者(保険の対象者)の場合です

保険金の受取人であるAは、死亡した人から財産をもらうことになるので、相続税の対象となります。一般的に多いケースがこちらです。

②    は、保険料を負担した人が、保険金の受取人であるという場合です

こちらは所得税の対象になります。
支払った保険料と、受け取る保険料との差額が、所得税の対象となります。

【A=夫、被相続人=妻、といった場合】

夫が妻の死亡保険に加入して、夫が受取人になっているようなケースです。
保険金を一時金で受け取る場合は一時所得、年金で受け取る場合は雑所得となります。

③    は、保険料を負担した人、被保険者、保険の受取人が、全て違う場合です

こちらは贈与税の対象です。

【A=夫、被相続人=妻、B=子供、といった場合】

保険料を負担してきたのはAの夫でありますので、仮に被保険者の妻=Bが亡くなって、子供が保険金を受け取った場合、贈与税の対象となります。

有利な保険はどれなのか?

どの保険が節税対策として有効かは、それぞれのご家庭の事情により異なります。
仮に、相続税の心配がない場合には、①のケースが有利といえます。
保険金の契約額にもよりますが、税率を考慮すると、③は税負担が比較的大きくなってしまう恐れがあります。

保険証券

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ