相続・遺言のすべてを分かりやすく。
コラム

相続トラブル回避のためにも押さえておきたい「遺留分」のポイント(1)

2017.1.20
文字サイズ:

相続する財産について、遺留分(いりゅうぶん)という言葉をご存じでしょうか。

遺言書などで相続の内容が、その相続人にとってあまりにも不利益だという場合に、最低限相続できる財産が法律で定められていて、これを遺留分といいます。

相続対策をする場合にも、遺産分割協議をする場合にも、遺留分について配慮する必要があります。今回は、遺留分についての基本的な考え方を解説いたします。

遺留分とは?

遺留分1

遺留分とは、法律で決められた要件をみたす相続人に、遺産の一定割合を相続することを保証するものです。

遺言書を作成することで、法定相続人以外の相続人に遺産を遺贈することもできますし、法定相続人の中の1人に遺産の大部分を相続させることもできます。しかし、たとえば、自分の愛人に全財産を遺贈するといった遺言があった場合、残された家族は生活に困ってしまう事態になりかねません。

そこで、法律で決められた要件をみたす相続人については、あまりに不利益な相続の内容であったときに、遺産を取り戻せる権利がみとめられるのです。

原則的には、遺言を残す人の意思が尊重されますので、遺留分請求しなければ取り戻すことができませんし、請求できる割合も法律で決まっています

遺留分を請求できる人・請求できる割合

遺留分を請求できる権利があるのは、兄弟姉妹以外の法定相続人です。遺留分は、兄弟姉妹には認められず、妻や夫である配偶者、子供などの直系卑属、父母などの直系尊属に認められます。

遺留分は、直系尊属のみが相続人の場合は法定相続分の1/3、それ以外の場合は法定相続分の1/2が認められますので、相続する家族の構成によって、請求できる割合がかわってきます。

(1)妻または夫だけの場合

相続人が配偶者だけの場合は、配偶者の法定相続分は全遺産となりますので、全遺産の1/2が妻または夫の遺留分となります。

(2)妻または夫と子供2人の場合

法定相続分は、配偶者である妻が1/2、子供は残りの1/2をわけるので、それぞれ1/4となります。遺留分はその1/2となりますので、妻または夫が1/4、子供はそれぞれ1/8遺留分となります。

(3)妻または夫と父と母の場合

法定相続分は、配偶者である妻または夫が2/3、父と母は残りの1/3を2人でわけますので、それぞれ1/6となります。遺留分はその1/2となりますので、妻または夫が1/3、父と母はそれぞれ1/12遺留分となります。

(4)妻または夫と兄弟姉妹の場合

兄弟姉妹には遺留分は認められないので、配偶者である妻または夫に、(1)と同じように1/2遺留分が認められます。

(5)父と母のみの場合

父と母のみの場合は、全遺産を父と母でわけますので、それぞれ1/2法定相続分となります。この場合に認められる遺留分1/3ですので、父と母はそれぞれ1/6遺留分となります。

——–

ここまで遺留分の基本を押さえてきました。次回は遺留分が侵害されていた場合」の対応方法について解説していきます。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ