相続・遺言のすべてを分かりやすく。
コラム

相続財産目録の作り方と具体例(1)

2017.4.18
文字サイズ:

相続対策について考えるとき、まず相続財産に何があるのかを調べなければなりません。どのような財産があるのか把握するために作成するものが財産目録です。とはいっても、いざ財産目録を作ろうと思ってもどのようにして作っていいのかが分からない方がほとんどです。

今回は、財産目録について作成するメリット、作成例、作成時のポイントについて解説していきます。

財産目録とは

財産目録1

財産目録(ざいさんもくろく)」はその名のとおり財産を一覧表にしたもので、ある時点、たとえば相続発生時に被相続人が持っている財産をすべて記載して一覧表にしたものです。財産目録は相続だけでなく、法律上の手続きで財産を把握する必要があるときに作られますが、相続時には相続特有の作成ポイントもあります。

財産の一覧表というと会社の貸借対照表や法人申告時の内訳明細書のようなものを思い浮かべる方もいらっしゃいますが、財産目録とは作成の目的や財産評価の方法が異なります。

相続財産目録は、相続の手続きや申告に必ず必要なものではなく税務署等に提出を求められるものではありませんので、財産目録を作成しなければならない義務はありません。しかし、財産目録を作成すると相続時にさまざまなメリットがあり、相続手続きをスムーズに進めることができるのです。

財産目録を作成するとどんなメリットがあるのかみていきましょう。

財産目録を作成するメリット

(1)無用な相続トラブルを避けることができる

相続財産目録は、相続人同士の話し合いをスムーズに進めるために必要不可欠なものです。

遺産分割協議をするときに財産目録なしに話を進めようと思っても、どのような財産があるのかどのくらいの評価額なのかが具体的に分からなければ話を進めることができません。遺産分割協議のときには財産目録を用意し、当事者全員に配布して話し合いを進めることで話し合いがスムーズにまとまりやすくなります。

最初にきちんとした財産目録を作成しておけば、あとから預金通帳にあると思っていた金額が少なかった、借金が思っていたよりたくさんあったなどという事態も避けることができ、どの財産を誰が相続するのかを話し合いやすくなり相続時のトラブルを避けることができます。

(2)相続税申告の時に必要に資料として役立つ

相続税の申告手続きには相続財産の一覧表を記入する箇所があります。このときに財産目録があれば財産目録を見ながら書いていくことができるので手間が省け、申告手続きをスムーズに進めることができます。

相続税の申告時だけではなく、そもそも相続税の申告が必要なのかどうか、相続税はどのくらいになりそうなのかを考えるときにも財産目録をもとに考えていくことができるで、相続発生時には財産目録は必須のものといえるでしょう。

——-

ここまでで、相続トラブル回避とスムーズな相続税申告のために、財産目録が有用であることがわかりました。次回の記事では財産の種類ごとに、具体的な財産目録の記載の方法を紹介していきます。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ