相続・遺言のすべてを分かりやすく。
コラム

不動産の相続に関係する税金のまとめ(1)

2017.3.21
文字サイズ:

相続についてお考えの方の多くは、不動産を所有しているか不動産を相続する可能性がある方だと思います。不動産の相続が発生すると、相続税だけではなく、さまざまな税金を支払わなければなりません。
今回は、不動産の相続に関係する税金にはどのようなものがあるかをまとめました。

相続税

不動産税金1

不動産の相続が発生してかかる税金といえば、まず「相続税」が頭にうかぶと思います。

相続税は、亡くなった方が所有していた遺産を相続し、この遺産が一定の金額を超えると、相続税が発生します。
具体的には、遺産の総額から、相続税法で決められている基礎控除額を差し引いた金額に相続税がかかります。基礎控除額は、相続人の数によって変わり、相続人が多いと基礎控除額も増えます
相続財産に不動産がある場合には、まずその評価額を計算し、その評価額とほかの相続財産とあわせた金額が、基礎控除額を上回るときに相続税が発生します。

不動産取得税

不動産を取得すると、不動産取得税がかかりますよね。では、相続が発生して、不動産を相続することになったときにも不動産取得税はかかるのでしょうか。

実は、相続では不動産取得税はかかりません
なぜなら、相続は自分の意図で不動産を取得するわけではなく、相続が発生して自動的に法定相続人となり、不動産を相続した結果として不動産を取得することになるからです。不動産取得税は、不動産の購入や贈与を受けた場合に発生する税金です。

登録免許税

不動産を相続すると、不動産取得税はかからないのですが、不動産の名義を相続登記によって変更しますので、そのときに、登録免許税という税金がかかります。相続登記による名義変更は必ずしなければならないものではありませんが、後々のトラブルを避けるためにも、相続登記はしたほうがよいでしょう。

登録免許税の税額は?

相続登記の登録免許税は、不動産の価額の1000分の4です。
たとえば、不動産の固定資産税評価額が1千万円の場合は、1千万円の1000分の4が登録免許税となりますので、4万円の登録免許税がかかることになります。この登録免許税は、相続登記によって名義変更するときに、申請書に収入印紙を貼る形で納付します。

ここで、国税庁のホームページで登録免許税の税率を確認してみましょう。

国税庁ホームページ タックスアンサー 登録免許税の税額表

登録免許税の税率をみると、贈与の場合は、不動産の価額の1000分の20が登録免許税となっています。1千万円の評価額の不動産の場合は20万円となり、相続と比べて5倍の登録免許税がかかってしまうことがわかりますね。
このことから、相続対策として生前贈与をするときには、登録免許税のコストも考慮する必要があることがわかります。

——————–

ここまで相続税、不動産取得税、登録免許税についてみてきました。
不動産を相続した場合には、これら以外にも固定資産税や所得税について考えないといけません。次回の記事では固定資産税や所得税について、詳しく解説をしていきます。

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ