相続・遺言のすべてを分かりやすく。
つたえる

遺言を実行する人「遺言執行者」についてのまとめ

文字サイズ:

遺言執行者とは、遺言の効力が生じたあとに、遺言の内容をそのとおりに実行する人のことです。

様々な立場の人が遺言執行者になることができますが、相続を「争続」とすることなく、円満に行うためにも、遺言執行者に関して理解を深めておくとよいでしょう。

遺言執行者になることができるのはどのような人?

相続人も遺言執行者になることができる

相続人も執行者となれますが、相続人同士の利益が相反する場合があると、適切に処理できない可能性があります。
遺言執行者は、遺言によって指定しておくことができますが、遺言執行者の指定がない場合は、相続人全員で手続きをします。

遺言執行者は複数名でも可能

遺言執行者が2人以上である事も可能です。
その場合、任務の執行は過半数で決定することになります。
そのため遺言の中で複数の遺言執行者を定め、それぞれ単独で職務を執行する権限を与えることもできます。

遺言執行者になれない人

未成年者や破産者などは、遺言執行者になることはできません。
遺言執行者が任務を遂行しない場合、家庭裁判所で解任することができます。

専門家に遺言執行を任せることも多い

相続人同士の利益が相反し、相続争いがある場合、第三者を遺言執行者にして処理を任せた方がスムーズに筋道をつけられる可能性があります。
弁護士や行政書士といった専門家の力をかりながら、期限内に決着させましょう。

遺言執行者は何をやるのか?

遺言執行者は、民法では「相続人全員の代理人とみなす」と規定しています。
相続人全員の代理人ではあっても、遺言執行者は独自の立場で遺言の執行を行うことになっています。
遺言執行者は、就任を承諾したら直ちにその任務を行わなければなりません。
遺言の執行としての不動産の登記手続き、銀行預金の名義変更など、相続手続きの一切をしなくてはなりません。

必ず遺言執行者を選ばないといけないパターン

遺言に「非嫡出子の認知」や「相続人の廃徐とその取り消し」などの内容がある場合、必ず遺言執行者を選任しなければなりません。
「非嫡出子の認知」は、届け出手続きが必要であり、「相続人の廃徐とその取り消し」については、家庭裁判所への申し立てが必要であるからです。

書類と家

facebook発信中

相続のバイブルはfacebookページでも、見逃せない相続情報、ぜひ活用したいと評判のセミナー情報などを発信しています。
SNSのみの事例紹介やご相談も発信中。フォローお待ちしています。

相続のバイブルfacebookページ